美味!!老化防止の黒ごまベ

最近髪にハリがない、ツヤがない、傷んでしまった、
白髪が目立つようになってきたなど、
髪の悩みをお持ちの方には、とっても良い美味しい黒ごま
ベーストの食べ方とその効果をシェアしたいと思います。
髪の悩みとその解決と一緒に健康になる!
それが更に美味しく毎日飽きずに効果を実感しながら
継続できてしまうのです。

まずは黒ごまベーストを用意して頂きます。
そのまま食べても美味しいのですが、朝食などに焼いた
トーストに黒ごまベーストをバターと一緒に塗って
食べるとすごく美味しいんです。
手間もかからないので忙しい朝にも毎朝ちゃんと
続けることができます。

トーストとこんなに合うなんてと思わず思ってしまうほどの
美味ですミルクにも良く合います。
ゴマには老化防止など若々しさを保つと言われている
セサミンは勿論女性ホルモンを正常にする働きのある
ゴマリグナンが含まれているんです、
ここからだけでも髪に良いと言う事がうかがえますね。
この黒ごまベーストに含まれている成分は髪のツヤ減少に
白髪の原因になっているメラニン色素の減少をカバーして
くれるんです、そして新しく生えてくる髪は、
黒ごまベーストの栄養を吸収した黒髪に戻るんです。
朝にトーストなどパン食でなくご飯の人もいつもどうりの
朝食に黒ごまベーストをちょいたしするだけでいいんです。
ご飯に合う黒ごまベーストの食べ方は、

大さじ2くらいの黒ごまベーストに小さじ2ずつの
醤油とミリンにお好みで砂糖ほんだし等を少々加えて
混ぜるだけです。それをご飯の上にのせて頂くととっても
美味しく、まるであのご飯ですよの様な感じになります。
更にオススメしたいのがその上に卵の黄身を
トッピングするんです!!
これがもう絶品で毎日でもいけちゃいます。

そんな黒ごまベーストの一日の摂取量はスプーン1杯で
大丈夫です。黒ごまベーストの食べ方も色々と豊富で
ほうれん草の胡麻和えなど、お肉などにも味噌と鷹の爪、
黒ごまベーストでピリ辛炒めなどの炒め物にしてもご飯が
止まりません、ただし食べすぎには注意しましょう、
適量の程々が何でも一番いいのかもしれませんね、
いかがでしょうか、是非黒ごまベーストで健康で若々しい
体とツヤのある黒髪に!効果は実感できるはずです。

内からのケアも大切ですが、外からのケアももちろん大切です!

スキンケアアイテム「エマルジョンリムーバー」を使えば、表面はもちろん
肌の根本までキレイにしてくれますから!

気になる方エマルジョンリムーバー口コミサイトまで!

冬のケアは、優しく念入りに!

もう夏も終わりに近づいてきて、女子にとってはツライ季節がもうそろそろやってきます。
冬ならではの悩みの「肌の乾燥」や「冷え」など、しっかりと対策を取らないといけな事が沢山あります。

私自身も体全体が乾燥肌で、冬は特にしっかりとケアをしないと、かゆみがひどかったり、粉を拭いたりと、外に出るのも嫌になるような症状が沢山出てしまいます。

そんな悩みがあったので、そのツライ肌の乾燥をいかに改善するかを必死になって調べました。
そこで、冬にやるべき肌ケアを学び、それを実践するようになってからは、だいぶ乾燥に悩まされることも少なくなったので、その方法をご紹介します。

順を追って説明すると、まず気を付けるのは洗顔です。
夏はわりとさっぱり系の洗顔を使っている人も多いと思いますが、冬はさっぱり系ではなく、しっとり系を使うようにします。
これはボディーソープも同様です。
乾燥を促進させない為にも、ここはとても重要な点です。

洗い方も、ゴシゴシと洗うのはご法度です。
キメの細かい泡をたっぷりと作り、その泡で肌を優しく洗ってください。人肌くらいのお湯で洗い流し、タオルで拭くのも、顔を抑えるくらいで十分です。擦る事はしないようにしましょう。

その後は肌ケアです。
これはもうお分かりだとは思いますが、なによりも保湿です!
化粧水をつける時も、1回ではなく、2回3回と肌が吸い込まなくなるまでつけます。手で優しく抑えるように、化粧水を肌の中に浸透させるイメージで塗るようにします。
化粧水をつけたときの感覚で、肌がもう吸い込まないというのは分かるので、それを感じるまでは何回でもつけます。

足や手にボディークリームを塗るときも、化粧水を一度付けてから塗るようにすると、より効果が出ます。

冬はパックを使うのもおすすめです。市販のパックでもいいですし、コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませたものを、気になるところに付けても効果的です。

あとは、部屋の加湿をすること、体調を整えるようにすること、外からの刺激を抑えることなどは大切です。

冬は加湿器の設置で乾燥の進行を防ぎ、外出時に肌を直接空気には触れさせない等の工夫をするようにします。

また、体の中を整えることもとても重要で、代謝を上げたり、ホルモンバランスを整えることで、肌も綺麗になりますし、冷えなどの体の不調も改善されます。

外部からのケアと体の中からのケアを同時にすることで、冬の辛い時期を乗り切りましょう。

私はこのようなケアを3年ほど前から始めましたが、効果は初めてすぐに出始めました。
ケアの一つ一つを見ると、それほど大したことではありません。しっかりと肌のケアをするというと、面倒だというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、その先入観を捨てて、とりあえずチャレンジしてみると、嬉しい結果に繋がるかもしれません。

冬が来る前からしっかりとケアをして、ツライ冬を乗り切りましょう。

とはいえ、乾燥ってなかなか防ぐのが難しいですよね。
この乾燥が原因で、ニキビも出来やすくなったりして、ニキビのケアも本当に大変です。

そんなニキビにお悩みの方にオススメしたいのが、『エクラシャルム』です。
どんなものかというと、有名芸能人がこぞって愛用し、各メディアでもその実感力の高さで話題になっている‷ニキビ専用スキンケアジェル‴なんです♪

エクラシャルムについて気になる方は!ぜひお試しください!!

敏感肌との付き合い方。

私は小さい頃から肌が弱く、ずっと悩んでいました。

皮が剥けるほどの乾燥、輪郭に沿って出来るニキビ、毛穴の開き、赤ら顔、虫に刺されると跡が残りやすい、などなど。

今までスキンケアには相当な費用をかけてきました。中学生から化粧水、美容液、乳液とケアを始め、肌に良いとされるものは片っ端から試してきました。

しかし一向に改善せず、いたちごっこのように次から次へと悩みは現れました。

周りの子は何もしていなくても綺麗な肌なのに、何故こんなに気を使ってお手入れしている私の肌はボロボロなのだろう、、とずっと悩んでいました。

精神的にも金銭面でも困り果てておりました。

初めの頃は外側からのケアを重視していましたが、色々調べていくうちに内側からのケアがとても大事であることを知りました。

そこでまず始めたのが食生活の改善と睡眠です。

それまで夜1時頃まで起きていることが多かったのですが、早めにお風呂に入り身体を温め、とにかく早めに布団へ入るようにしました。

しばらくすると、翌朝の洗顔時に変化を感じ始めました。手のひらに当たる感触がゴワゴワからスベスベに少しずつ変わってきたのです。そして化粧ノリも良くなり、自然とファンデーションの減りが緩やかになりました。

そして食生活。

今までお肉中心の食事でしたが、なるべく魚や野菜や豆類を摂取するよう心がけました。ただしストレスになることは避けたいので、ゆるく改善していきました。

不思議なもので身体にいいものを食べると、満足感があり気持ちが明るくなります。それに伴って肌も明るくなってきた実感があります。

気持ちと比例するように、乾燥していた肌が少しずつ潤ってきたのです。

それでも安定した肌とは程遠い為、普通肌の人より何倍もの労力が日々必要です。ゼロではなくマイナスから立て直していかなければならないのですから。

まだまだ悩みは尽きませんが、うまくこのワガママなお肌とこれからも付き合っていきたいと思います。

ところで、こういった肌の悩みは女性にとってつきものですよね。
自分に合ったケアってなかなか見つからないなぁってことありませんか??

そんな時にオススメしたいのが、『エマルジョンリムーバー』です。
いったいどういうものかというと、毛穴汚れなどの気になる部分にシュッとスプレーするだけ!
それだけで、毛穴の汚れがごっそり落ちると今話題のスプレーなんです!

エマルジョンリムーバーについて気になる方は!ぜひお試しください!!

ムダ毛発見!

ふと自分の処理し残したムダ毛に気付いたとき、どうしますか?家にいたらもちろんすぐに処理しますが、外出先で、例えば彼氏とラブラブデート中、つないだ手の指毛がふと目に入ったり、職場でストッキングの網目からムダ毛が1本飛び出しているのに気づいたり・・・。「気付かずに今まで過ごしてた」という恥ずかしさと、「(処理するまでは)なるべく人目につかないように隠さなきゃ」という緊張感、」「どうやって処理しよう」という焦りに襲われます。たかだか数本の処理し残したムダ毛が、コレほどまでに大きな存在感とは。
バッグの中の化粧ポーチに毛抜きでも入っていれば、トイレでこっそり処理しちゃいます。コンビニが近くにあれば、こっそりと使い捨てかみそりを買って処理します(でも買う姿は誰にも見られたくない)。
ポーチに毛抜きも、近くにコンビにも無いときはどうしましょう。とりあえずそのムダ毛の存在を、他人には悟られないようにします。彼氏と手をつないでレストランに入っても、なるべくテーブルの上で手の甲を見せないように、手を組んだり頬杖をついたり(あくまで可愛らしい仕草を装って)。職場ではなるべく立ち歩かず、必要なときは人のいる方向を意識しながら移動します。あまりにけなげな女心です。

少しズレてる私の金銭感覚

今月も赤字かと溜息が出て来ます。学習能力が無いのか、主婦業をン十年も続けている割には上手に節約が出来ていません。何故か金銭に関しては、異常に細かったり逆に呆れる程アバウトだったりと何時もブレブレなのです。
家庭での節約は人並みに実行していると思います。いや、人並み以上かも知れません。テレビ等で節約方法を聞くと早速試してみます。教わった以上にあれこれと実行し、毎月の検針票を見ては「やったね」とほくそ笑むのです。節電・節水の成果は合わせて三千円から四千円位でしょうか。如何にしてこの偉業を成し遂げたかを、疲れているであろう夫に力説するのが定番となりました。
しかし、その裏で夫にも報告出来ない私の暗黒史があります。何年も前から小銭を貯めたくてポイントサイトに登録をしているのですが、これがなかなかの曲者なのです。ポイントを貯める為のアンケートやゲームはあるのですが、何と言っても効率良く貯める為には商品を購入するに限ります。しかもこのサイト経由で、居ながらにしてあらゆる買い物が出来てしまうのです。もともと浪費癖のある私にとってはあまりに魅力的過ぎました。
こうして貯まったポイントは現金化し、自分への言い訳材料としてそれ用の通帳に入れています。もうかなりの額になりましたが、さすがに夫には自慢出来ません。結局はこの現金を生む為にそれ以上の商品代がかかっているのです。
ケチなのか太っ腹なのか複雑な二面性を持ったまま、いよいよ人生も佳境に入ってきました。キリキリと節約してみたり、もう買ってしまえとばかりに散財してみたりと、収支決算の程は分かりません。今となっては楽しきゃいいかと居直っている私です。しかしどうしてもお金がないというならキャッシングがオススメです。

お金に対する偏見

たまに友人に金融会社の話なんかをすると、なんていうか不自然なほどに「私は借りないから」みたいな感じで言われるような気がするんです。
まぁ、多少自意識過剰なのかもしれませんが、金融関係の話をすると凄く警戒されるんですよね。
そういったこともあって、やっぱり日本人って借金が好きじゃないんだろうななんて思うんです。
借金というのは結局ただの手段でしかないんだから、そこまで嫌悪することもないのにななんて思います。

中にはお金それ自体を嫌う人もいるんですよね。
金だけの人生なんて〜みたいにお金のことを嫌悪するかのようなことをいうんです。
そして、自分自身は心豊かな人間なんだ、金だけの人は心が貧しい、そんなことを言うんです。

いや、別にそれは個人の考えなんだからいいんですが、それでいいんでしょうか、果たして。
私としてはお金なんてたくさんあったほうがいいんじゃないかなんて思います。
お金が無くてもできることはたくさんありますが、お金が無いとできないことはたくさんあります。
そういったこともきちんと考えて、お金に対して偏見の気持ちを持たないほうがいいと思うんですが、果たして。

そして、お金だけの人をわざわざけなす貴方が、本当に心豊かな人間なんでしょうか。
こんなところで愚痴めいた話をブログに書いている私もよっぽどなんですけどね。

進撃の巨人の映画を彼女とみるためにキャッシングしちゃった

こちらのキャッシング情報サイトの情報を参照に、人生で初めてお金を借りちゃいました。

消費者金融にもいろいろあるんで、どれを利用するか迷ってしまっていたんですが、このキャッシング情報サイトのおかげで、簡単にお得なカードローン業者が分かりました。

もし、皆さんも、お金にお困りの方がいたら利用してみてはいかがでしょうか。

さてさて、映画『進撃の巨人』の感想に移りますが、これが非常に良かったんです。

アニメが漫画が原作の映画の実写化は大体、駄作や凡作になると言っている方も多いのですが、今回の映画は良かったです。

たまに、デビルマンみたいなひどい作品もありますが、毎回外れるわけではないんですよね。

巨人が人を食べているシーンはさすがにグロすぎて吐き気がしたし、もはやホラーという感じもあるんですが、そんな絶望的なシーンがあるからこそ、三浦春馬くんが演じるエレンが勇気を出して巨人に立ち向かうシーンが生きてくる。

おれは、三浦春馬くんが立体機動装置を駆使して、初めて飛翔する姿を見たときは、ブルっと鳥肌が立ちました。

そういう意味ではエレンとジャンの生き方の対比が、後半で上手く働いているなと感じました。

最近の日本映画の中では、かなり頑張っている部類じゃないかと思います。
進撃の巨人だけでなく、他の話題映画が今夏は目白押しですね。

次は、アコムの自動契約機(むじんくん)を利用することなく、自分のお金で映画を見てきたいと思います。

次に見に行くのはジュラシックワールドかなー。

私のおすすめ消費者金融!

お金を借りるときって、たくさん消費者金融や銀行があるので、どれを選んだら良いのか迷ってしまうと思うのですが、キャッシング歴3年の私が自信を持ってオススメしたい消費者金融はやっぱりアコムです。

消費者金融アコムは、即日融資が可能であり、また、初回限定で返済期日を35日に設定すれば、30日間の無利息キャッシングを利用できます。

さて、アコムですが、他にもお得なサービスが満載しています。
たとえば、消費者金融や銀行のカードローンの申込みって、手続きが面倒くさそうだな……って思いませんか。
しかし、アコムに申込みをするならば、申込みや審査の際に必要となる書類も、借り入れ希望額が50万円以下であれば、収入証明書は不要なので、本人確認書類を提出し、申込みフォームを記入するだけで審査を受けることができるんです。

他の金融機関の場合、本人確認書類だけでなく必ず収入証明書類も提出しなければいけないところもありますので、「そんなものを用意している時間はない! すぐに審査してくれないと困るんだ!!」という方は、50万円以下の借り入れ希望額ならば、収入証明書類を提出しなくても借り入れ審査が受けれるアコムのカードローンを利用してみるのがオススメです。

アコムのカードローンは、融資スピード、無利息キャッシングサービス、サポートの充実と3拍子揃っているカードローンなので、もし良かったら利用してみてくださいね。

コーヒーがアルミ缶に変わっていること…ご存知ですか?

最近コカコーラが展開する缶コーヒーのジョージアの缶の材質がスチールからアルミに変わっていることはご存知でしょうか?私もなんか違和感があるなと思ったらそのことでした。

ところで、なぜコーヒーはこれまでアルミ缶ではなくスチール缶だったのでしょうか。
その理由はミルク入り缶飲料にはアルミを使用することが出来なかった為なんです。
確かに、言われてみればブラックコーヒーの缶は以前からアルミだったような感じがしますよね。口を開け閉め出来るタイプのブラックコーヒーは確かに缶ですね。

そんなアルミ缶問題ですが、最近ミルク入り缶飲料の規制が緩和され例えばジョージアのエメラルドマウンテンでもアルミ缶が採用されています。なぜコカコーラはアルミ缶にこだわるのかと言うと、アルミ缶の方がコストが安くなるからだと言います。

同じ質量ならスチールよりアルミの方が高いのですが、缶コーヒーに使用されるものはスチールなら30g、アルミなら10gで済むそうで結果としてアルミの方がコストダウンになるそうです。

ですが、価格は変わっていないという…。
コストが安くなるなら価格も安くして欲しいですよね。
結局カスタマーの為ではなく儲けの為ということか。

なんだか寂しくなる結論になってしまいましたが、
もしかするとこれが定着したら缶コーヒーの価格が安くなる可能性もあるかもしれません。

とはいえ、今はコンビニもコーヒーには力を入れているので缶コーヒーは必然的に価格改定を迫られそうですけどね。その一環としてのアルミ戦略なのかはわかりませんが、とにかくカスタマーである我々にとって良い方向に行くといいですけどね。

日本政府の借金は借金であって借金でない

日本の借金が1000兆円を超えた…これを聞いてあなたは何を思いますか?

日本て経済大国と言われているけどすごくヤバいじゃん…。
この先日本はどうなっていくんだろう。
国民一人当たりの借金が800万円とか言われてるけどそんな借金返せるはずがない…と、国の借金に関する報道を鵜呑みにしてしまっているかもしれませんね。

そもそも、国の借金はよいとしても、国民一人当たりの金額って全く計算する意味がありませんよね。計算上での国民一人あたりというのは、生まれたばかりの赤ちゃんも含まれている訳で、実際お金を稼いでいる人だけを対象とした場合はもっと借金が多くなります。計算上で赤ちゃんを含んでいる時点でこの計算自体が全く意味がないものだと分かりますよね。

それに、日本の借金はほとんどが国債によるもので、その国債は基本的に日本人が持っているものです。実際、国債分のお金が無ければお金を刷れば良いだけですので、そんなものは借金であって借金ではありませんよね。ではなぜあのような報道をするかというと、そういうアピールをすることで国はお金が無いんだ…、だったら税金が上がっても仕方ないよなというような意識を国民に持たせたいからなんですね。

姑息というか、汚いというか…やり方がセコいですよね。。。

これ意外にも、国は報道などを利用し、国民に政治を円滑に進めるために色々な姑息な手を遣っています。そういう下らない情報に左右されないように情報はしっかりと吟味し、自分の中でしっかりと解釈するようにしましょう。政治というのは国を良い方向に導くことも仕事ですが、国民に納得させ政治家に都合の良いように考え方を持っていくのも政治なのですから。